株式投資の初心者にオススメの米国株ETF「VT, VTI, VOO」を紹介!

株式取引

お金持ちには「事業で成功した人」「親の資産を引き継いだ人」「投資で成功した人」など様々なタイプがいます。

しかし、お金も持ちで居続ける人の大半が共通して所有しているものが証券口座です。

もちろん事業で一発当てた後に事業を売却し、一気にお金持ちになった人もいます。しかし、割合としては少なく、再現性の低い事は言うまでもありません。

とはいえ、普通の人が、お金持ちになるには労働収入と貯蓄だけでは不可能。そこで、労働収入で稼ぎ貯蓄し、資産運用でお金を増やす、という方法が最も再現性の高いお金持ちになる方法と言えるのです。

証券口座の所有。つまり株式売買が、お金持ちなる為の方法ですが、こんな言い方をすると、

株式投資なんて危険じゃないのかな?

と思う人がいるかもしれません。

しかし世の中には、この銘柄を購入しておけば、余程の事がない限り資産が増え続けるという銘柄が存在します

それが世界中の投資家に人気のETF「VT, VTI, VYM, VOO」です。

ETFとは

ETFとはExchange Traded Fund(上場投資信託)のこと。

株式のように証券取引所の取引中はいつでも売買可能で、投資信託のように複数の銘柄に分散投資されている商品のこと。つまるところ株式まとめ買いパックと思って問題ありません。

ETFに、日本株全体に投資する銘柄、米国株全体に投資する銘柄、ゴールドに投資する銘柄、債権に投資する銘柄など数えきれないほど種類があり、日々その数は増え続けています。

ブラックロック、バンガード、ステートストリート等と言ったETFを取り扱っている資産運用会社が、日々研究をして様々なETFを開発しているんです。

個別株に一転集中して投資すれば、その会社が倒産すれば資産を全て失いますが、分散投資している銘柄(ETF)を購入すれば少額でリスクを分散できます。

また財務状況の良い高配当銘柄ばかりに投資しているETFもあり、右肩上がりの安定的な株価を堅持しつつ、年利4%以上の配当を出しているETFも存在します。

つまりETF投資は従来の「株式投資=危険」という概念を覆すオススメの投資方法なのです。

そして、ETFの中でも最も代表的で人気のある銘柄が、今回紹介する「VT, VTI, VYM, VOO」です。

VTとは

VTの正式名称はバンガード・トータル・ワールド・ストックETF、世界中の約8,000以上の会社に投資しているバンガード社運営のETFです。

投資家に人気のGAFAMやテスラといった企業はもちろん、BATHと呼ばれる中国の大企業にも分散投資しています。

一言で言うなら「世界中の会社に投資しているまとめ買いパック」ですね。

バンガード-長期・分散・低コスト- 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ
バンガードからのお知らせ - 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ

VTIとは

VTIの正式名称はバンガード・トータル・ストック・マーケットETF、アメリカの3,600以上の会社に投資しているバンガード社運営のETFです。

先進国であるアメリカのみに投資しているため、VTよりもGAFAMなどでの大企業への投資比率が高いです。

とはいえ世界最大の経済大国アメリカに投資するということは、ほとんど世界中に投資しているのと同義と言えます。

バンガード-長期・分散・低コスト- 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ
バンガードからのお知らせ - 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ

VOOとは

VOOの正式名称はバンガード・S&P500 ETF、米国市場の代表的なインデックスであるS&P500に投資しているバンガード社運営のETFです。

VTIは米国株全てに投資するイメージですが、VOOは米国株の中でもS&P500に採用された優良企業500社で構成されたETFと言えます。

GAFAMを代表するIT企業や、その他のアメリカの大企業のみに投資するETFという事ですね。

バンガード-長期・分散・低コスト- 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ
バンガードからのお知らせ - 金融商品取引業の廃業についてのお知らせ

ETF購入から投資スタートしよう

投資の世界に100%はあり得ません。

しかし、これまでの傾向より、VT、VTI、VOO等のETFに10年以上長期投資すれば、ほぼ間違いなく資金が増える上、そのうえ年利2%近くの配当を貰い続けることができるという事は言えます。

みなさんご存じの通り、お金を銀行に預けていても金利は殆どつきませんよね。

ですが日頃からコストを削減し貯蓄に回し、上記のようなETFを購入して資産運用することで、確実に資金を増やすことができるのです。

ETFには、VT、VTI、VOOのような株式ETFよりも低リスクな債券ETFVT、VTI、VOOよりもリスクは高いが4%以上配当がつくような高配当ETFなど、数えきれない程の種類があります。

貯金の癖がつきETFの購入を続け資産を増やすことができれば、投資が楽しくなりますし、自然と金融リテラシーは身についてきます。

そのため経済的自由を勝ち取りたいのであれば、コストを削減し貯蓄をはじめ、ETFなどの商品を購入してみてください。

コメント