ブラック削除・信用情報削除のための手続き、時効援用を徹底解説!

債務整理

クレカ滞納や自己破産で信用情報に傷がつくと、5年間はクレジットカードを新規発行や住宅ローン等が組めないことは割と知られています。

しかし、再度クレカを発行したり、ローンが組めるようになるには約5年の月を待ったうえで、時効援用をしないといけないことをご存じですか?

今回は、時効援用について詳しく紹介します。

時効援用とは

時効援用とは、信用情報を回復させるために、お金を貸している債権者へ「借金の時効したので、私は債務がありません」と書面で伝える行為です。

クレジットカードの滞納や自己破産などの任意整理をした人は「期間が過ぎれば自動的に信用回復するだろう」と思っている人もいるかもしれません。

ですが、時効援用をして借金の時効を成立させないと、時効期間が過ぎても借金の返済義務がなくなりません。

その結果クレカ作成やローンなどは永遠にできないままになります。

それでは、どうすれば時効援用できるのでしょうか?

時効援用のプロセス

時効援用の流れは以下の通りです。

  • 1.信用情報開示
    信用情報を開示し、借金が時効を迎えているか確認する。
  • 2.時効援用通知書の作成
    時効を迎えていることを確認し、時効援用通知書を作成する。
  • 3.時効援用通知書の送付
    内容証明で債権者に時効援用通知書を送付する。
  • 4.時効援用通知書の受理確認
    内容証明で債権者に時効援用通知書を届いたことを確認する。
  • 5.時効の成立
    債務の督促ないことを確認したのち時効が成立する。

債務督促されることもありますが、承認しないようにする必要があります。

時効援用の期間に分割払いを承認したり1円でも返済してしまうと、時効期間がリセットされるので注意が必要です。

時効援用の条件

時効援用で借金時効を成立させるためには、下記条件をクリアしている必要があります。

1. 債務返済の時効期間が経過している
2. 時効期間中に債権者から裁判を起こされていない
3. 債務があることを認めていない

1.債務返済の時効期間が経過している

債務には時効があります。
一般的な消費者金融などの金融機関からの債務であれば、最後の権利行使日から5年間経過している必要があります。

2.効期間中に債権者から裁判を起こされていない

時効期間中でも裁判を起こされると時効期間はリセットされます。
いったん時効期間がリセットされると、再度5年以上待つ必要がでるので、時効の援用ができなくなります。

3.債務を認めていない

少しでも借金を返済や承認をしてしまうと、時効期間がリセットされます。
時効援用通知書を送付した後に債務督促される’こともありますが、絶対に承認してはいけません。

時効援用は難易度が高い

時効援用を成立すると、借金から完全に開放され、クレジットカード作成やローンが組めるようになります。

一見メリットだらけですが、時効援用には以下のようなデメリットもあります。

1. 時効援用はハードルが高い
2. 書面の内容や送る時期により時効更新の可能性がある
3. 遅延損害金の請求や過払い金回収の機会損失

1.時効援用は難しい

時効援用は「私の借金の時効が成立しました」と債務者へ書面で知らせる行為です。
しかし時効の成立条件は非常に厳しく、失敗してしまう可能性もあり、失敗した時のリスクも大きいです。

2.書面の内容や送る時期により時効更新の恐れがある

時効成立や書面送付の時期の見極めは、簡単ではありません。
誤った時期に書面を送ってしまったりする恐れもありますし、送る書面の内容によっては、借金の承認とみなされ、時効更新してしまう可能性があります。

3.遅延損害金の請求や過払い金回収の機会損失

時効成立すれば、遅延損害金も含め借金の返済義務が消滅しますが、失敗すると、遅延損害金も加算された額の返済義務が生じます。
過払い金が請求期間は10年迄なので、時効成立が何度も失敗し10年以上経ってしまった場合、本来請求できる過払い金も請求できなくなります。

時効援用を成功させるには

時効援用は「再びクレカ作成やローンができるようになる」という大きなメリットがありますが、難易度は高めです。

制度上は、債務者自身が書類作成し手続きを行うこともできます。

しかし、素人が下手に手続きをすると失敗する可能性が非常に高く、失敗した時のリスクは計り知れないです。

そのため時効援用をするなら、かならず弁護士の先生へ依頼することをオススメします。

時効援用のオススメの弁護士事務所は『横山法律事務所』です。

横山法律事務所は、これまで数々の信用情報回復案件を手掛けてきましたが、5年掛かると言われた信用回復案件を、1ヶ月以内に回復させた実績もあります。

横山法律事務所では、自己破産・過払い金サポートのほか、時効援用・ブラック削除サポートも行っています。

「債務の時効は過ぎてるはずなのに、クレカもローンも通らない」という場合は、ぜひ『横山法律事務所』に連絡してみる事をオススメします。

 

コメント