【GCR/RVは起こる?】GCR(世界通貨改革)RV(通貨評価替え)とは何なのか簡単に説明!

投資詐欺

GCRやRVという単語を聞くことがあるけど、一体どういう意味なんだろ?

このような疑問に答えます。

RVとは「Revaluation of Values」の略で「通貨評価替え」GCRとは「Global Currency Reset」の略で「世界通貨改革」のことです。

RVの方が知名度があるので、もしかしたら当ページにも「RVとは何か」を検索して辿りついた方が多いかもしれません。

しかし、RVはGCRに伴って行うことなので、RVを理解するためには、先ずGCRを理解する必要があります。

そのため、本投稿ではGCRの説明を行い、そのあとRVの説明をします。

GCR(世界通貨改革)とは?

お金は本来は物々交換に介在するだけのものですが、お金が生まれると、同時に利息が発生します。

そのシステムが詐欺的だとして、担保の裏付けのある紙幣(金銭)に正そうとする改革がGCRです。

お金が生まれると同時に利息が発生する事が詐欺的、これはどういう事なのか。


たとえば、この世には紙幣発行権のある「A銀行」と国民「B」「C」しかいないとします。

貯金がないBは100万円の車が欲しくなりました。そこでA銀行は紙幣を発行し、Bに利息10%で100万円を貸付けます。

Bは借りた100万円をCに支払い車を購入、100万円紙幣はB→Cへと流れました。

1年後Bは、A銀行に110万円を返済するため、Cからお金を借りようとします。

しかしCは100万円しか持っていません。

そこで困ったBは、利息分10万円もA銀行から借りざるを得なくなります。

今回Bが借りる10万円も、将来は利息付でA銀行に返すことになります。

A銀行からすると、当初100万円を発行しただけなのに、利息のお陰で無限に利益を膨らますことができます。

GCR(世界通貨改革)とは、このように、通貨発行権者だけが、異常に有利になっているシステムを是正しようとする改革のこと。

本来お金は物々交換を介在するための物、なのに一部が利息システムを利用して稼ぐなんて搾取なので辞めよう。そういう動きの事です。

RV(通貨評価替え)とは

GCRが(世界通貨改革)が実行されるとRV(通貨評価替え)の必要が生じます。

現行システムでは、通貨は信用創造という仕組みで、本来の価値と釣り合わない程の額が発行されているからです。

信用創造とは、信用で使えるお金が増えることです。


たとえば、BがA銀行に100万円預金します。

A銀行はそれを元手にCに100万円を貸出し、Cの口座に100万円入金します。これによりCは100万円を引き出して自由に使う事ができます。返済の必要はありますが。

一見お金がB→Cに流れてるだけのように見えますが、Bの預金100万円も銀行の信用により存在しています。

上記の例だと現金は100万円なのに、信用によりBもCも100万円を所有している状態なのです。これが信用創造です。

ちなみに、もしBが急にお金を引き出そうとした場合でも、A銀行は他の人からの預金をBに払い戻せばよいだけ。

普通の銀行は、通貨発行してお金を渡す事はできません。

しかし、上記のように銀行の信用を利用し、信用により価値を膨らましている、これが信用創造です。

銀行には多額のお金が預けられていますが、現金は金庫に預金額の数%しか残っていません。

このように銀行は、信用創造で実態とかけ離れた価値の通貨を取り扱っていますが、GCR(世界通貨改革)が実行されると、このような通貨価値は崩壊します。

とはいえ、何かの通貨価値を裏付ける価値基準は必要である。そこで必要になってくるのが、RV(通貨評価替え)です。

その時に量子金融システム(QFS/Quantum Finance System)が導入され、資産の裏付けは金になる。つまり金本位制に戻るとも言われています。

量子金融システムとは、量子コンピュータを利用したブロックチェーン技術のこと。その技術は仮想通貨も超えると言われています。


これによりマネーロンダリングができなくなる理想的なシステムらしいです。

しかし、量子金融で調べてみると確認できますが、具体的にどうブロックチェーンを組んでいくのか情報が全くなく、都市伝説的な情報しか出てきません。

RVとGCRは起こるのか?

RVとGCRは、現行システムにおいて通貨発行権者と銀行が人々を搾取してて詐欺的である。そういう考えに基づいたものです。

たしかに2008年に起こったリーマン・ショックも、現行の金融システム(信用創造)が原因で起こった金融危機でした。


リーマン・ショック

米国の投資銀行リーマン・ブラザーズは、返済能力もない低所得者に、無理やり高金利の住宅ローンを組ませていました。

そして、その住宅ローンを証券化し様々な債券のなかに組み込んだ為、危険な債権とは分かりにくい金融商品として世界中に販売。

しかし、米国住宅バブルが崩壊してローンはパンクし、証券化しばら撒かれた債権も次々にパンク。リーマン・ブラザーズは破綻し、金融商品を購入していた世界中の金融機関も大混乱して、金融危機に陥ってしまったのです。

2008年9月のリーマンショックは、お金の信用創造が原因で発生した典型的な金融危機でした。

とはいえ、先述の通りRV(通貨評価替え)を実行するためには、何らかのお金の価値基準の裏付けが必要です。

その基準の裏付けは金とする、金本位制に戻というところ迄はOKです。しかし計算方法は量子コンピューターによるブロックチェーン(量子金融システム)。

それでは量子金融システムは、具体的にどうブロックチェーンで計算するのか。調べても都市伝説的な内容しか出てこないのが現状です。


巷ではGCRとRVは起こるのか、と疑問の声が上がってます。

もし将来的に量子金融システムを可能にする技術が完成すれば、GCRを実行後に、RVも行う事は可能かもしれません。

しかし今GCRを行うと、何を基準に、どうRVすべきなのか、そこが解決できません。

そのため残念ながら、GCRとRVは理想論的陰謀論という結果になります。

詐欺は金銭にかかわることが大半です。なので経済に詳しくなれば、簡単に人に騙されない人になる事ができます。

経済に詳しくなるためには投資をしてみるのか一番です。

投資であれば、証券口座を開いて株式ETFを購入するか、FXで順張り取引するのがオススメです。


お金の制度を利用し稼ぐ

GCRやRVなど永遠に起きません。待っているだけでも金は増えません。

それよりも、現実的に金融制度を利用し、お金を増やすことを考えましょう。

労働収入では所得税や社会保険などで上限50%税金で取られますが、投資益には上限20%しか掛かりません。

証券口座を開き株式ETFを購入したり、FXで順張り取引すれば儲けられます。

金融知識が身も付き、投資詐欺にあう確率も激減します。

銀行の外貨預金は手数料は高い上に円に戻すレートも悪く、金利も銀行に中抜きされます。

解約のタイミングも選べないので、デメリットだらけ。

銀行で勧められる外貨投資は、お任せで簡単な分、手数料・レートを銀行に取られているという事を忘れてはいけません。

一方で、自身でFX口座を開設し取引すれば、無駄な手数料やレートは取られません。

とはいえ日本国内には約100社、海外には数えきれない程のFX業者があり、どこを選べが良いか迷いますよね。

FX口座を開設するなら、とりあえず国内トップと海外トップの業者を検討する事をオススメします。

国内業界トップのFX業者

国内で人気のFX業者は、OANDAグループ運営のOANDA FXです。

通貨ペアが豊富で、1通貨から取引可能、専用アプリの使い勝手も良く、初心者にオススメのFX業者です。

初回入金額は無料で、口座開設も5分で完了。どのFX口座にするか迷ったら、とにかくOANDA FXを検討するとよいです。

海外業界トップのFX業者

海外で人気のFX業者は、XMグループ運営のXM FXです。

XM FXは「そもそも投資に回せる元金が少ない」「短期でガンガン増やしたい」という人も多いです。

国内FX業者は、レバレッジは25倍迄ですが、海外FX業者のXM FXは何と1000倍までレバレッジを掛ける事ができます。

国内FX業者は「追証で借金」という事もありますが、海外業者は取引残高がマイナスになっても、会社側が負担するゼロカットシステムなので、借金を背負う事はありません。

レバレッジ1000倍は、確かにハイリスクですが、上手くポジションをつかめば1日数十万稼ぐことも可能です。

今なら登録するだけで、無料で3,000円分の取引ができます。

 

大金持ちは大半が投資家!

大投資家ウォーレンバフェットに、ソフトバンクの孫社長。

世界の大金持ちは大半の人が投資をしてます。普通のビジネスでは稼げる額に限界があるからです。

やはり、ある程度お金持ちになりたくば株であれ外貨であれ「投資」という道を避けることはできません。

FXはレバレッジを上げればハイリスクなことは間違いないです。

しかし安全にトレードする事もできますし、慣れてこればリスクを取って大きく勝つこともできる外貨投資です。

OANDA FXも、XM FXも登録するだけなら無料。

少しでも興味があるなら、先ずは登録してみる事をオススメします。

業者名 特徴
OANDA 通貨ペアが豊富で、1通貨から取引可能、専用アプリの使い勝手も良い
XM レバレッジ1000倍までの取引が可能で、ゼロカットシステムにつき借金の可能税はゼロ

ログイン・メールアドレスは入力不要です!

  1. d より:

    わかりやすいようにわざと簡略化していると思いますが、灰色のコラム内の説明が無茶苦茶です。信用創造、ブロックチェーン、リーマンショックなどもう少し正確に説明したほうがいいと思います

  2. 鳥羽田 より:

    途中まで良かったのに。話が投資に進むと、なんだこりゃになります。価値観が合わない。お金のシステムが詐欺的と言ってながら、孫さんとか、バフェット氏とか持ち出して、一体何なのでしょうか?

    • 匿名 より:

      出た!陰謀論(笑)今年中にはQFSに切り替わる!それも近い内に。ブロックチェーンはスターリンクのサーバーを使用するからマネロンが出来ないし不正も出来ないようになる。各々が銀行家になり自分で管理する時代が来る。今後中央銀行はなくなる予定。銀行員が生き残るにはクアンタムフィナンシャルアドバイザーになるか退職するか、または違う方法で生き残るしかない。GCR/RVは既に始動してますよ。

  3. newgamer7011@gmail.com より:

    簡単に言えば、銀行と銀行員がこの世から塵一つ残さず、完全消滅するということです。それも2022年度から数年内に。金に裏打ちされた新しいお金の管理は別のシステムに移行されます。