【GCR/RVは起こる?】GCR(世界通貨改革)RV(通貨評価替え)とは何なのか簡単に説明!

投資詐欺

GCRやRVという単語を聞くことがあるけど、一体どういう意味なんだろ?

このような疑問に答えます。

RVとは「Revaluation of Values」の略で「通貨評価替え」GCRとは「Global Currency Reset」の略で「世界通貨改革」のことです。

RVの方が知名度があるので、当ページにも「RVとは何か」検索して辿りついた方がいるかもしれません。

しかし、RVはGCRに伴い行うことなので、RVの理解ためには、先ずGCRを理解する必要があります。

そのため、ここでは先ずGCRの説明を行い、そのあとRVを説明します。

GCR(世界通貨改革)とは?

お金は本来は物々交換に介在するだけのもの。しかし、お金が生まれると、同時に利息が発生します。

そのシステムが詐欺的だとして、担保の裏付けのある紙幣(金銭)に正そうとする改革がGCRです。

お金が生まれると同時に利息が発生する事が詐欺的、これはどういう事なのか。


たとえば、この世には紙幣発行権のある「A銀行」と国民「B」「C」しかいないとします。

貯金がないBは100万円の車が欲しくなりました。そこでA銀行は紙幣を発行し、Bに利息10%で100万円を貸付けます。

Bは借りた100万円をCに支払い車を購入、100万円紙幣はB→Cへと流れました。

1年後Bは、A銀行に110万円を返済するため、Cからお金を借りようとします。

しかしCは100万円しか持っていません。

そこで困ったBは、利息分10万円もA銀行から借りざるを得なくなります。

今回Bが借りる10万円も、将来は利息付でA銀行に返すことになります。

A銀行からすると、当初100万円を発行しただけなのに、利息のお陰で無限に利益を膨らますことができます。

GCR(世界通貨改革)とは、このように、通貨発行権者だけが、異常に有利になっているシステムを是正しようとする改革のこと。

本来お金は物々交換を介在するための物、なのに一部が利息システムを利用して稼ぐなんて搾取なので辞めよう。そういう動きの事です。

RV(通貨評価替え)とは

GCRが(世界通貨改革)が実行されるとRV(通貨評価替え)の必要が生じます。

現行システムでは、通貨は信用創造という仕組みで、本来の価値と釣り合わない程の額が発行されているからです。

信用創造とは、信用で使えるお金が増えることです。


たとえば、BがA銀行に100万円預金します。

A銀行はそれを元手にCに100万円を貸出し、Cの口座に100万円入金します。これによりCは100万円を引き出して自由に使う事ができます。返済の必要はありますが。

一見お金がB→Cに流れてるだけのように見えますが、Bの預金100万円も銀行の信用により存在しています。

上記の例だと現金は100万円なのに、信用によりBもCも100万円を所有している状態なのです。これが信用創造です。

ちなみに、もしBが急にお金を引き出そうとした場合でも、A銀行は他の人からの預金をBに払い戻せばよいだけ。

普通の銀行は、通貨発行してお金を渡す事はできません。

しかし、上記のように銀行の信用を利用し、信用により価値を膨らましている、これが信用創造です。

銀行には多額のお金が預けられていますが、現金は金庫に預金額の数%しか残っていません。

このように銀行は、信用創造により、実態とはかけ離れた価値の通貨を取り扱っていますが、GCR(世界通貨改革)が実行されると、このような通貨価値は崩壊します。

とはいえ、何かの通貨価値を裏付ける価値基準は必要です。そこで必要になってくるのが、RV(通貨評価替え)です。

その時に量子金融システム(QFS/Quantum Finance System)が導入され、資産の裏付けは金になる。つまり金本位制に戻るとも言われています。

量子金融システムとは、量子コンピュータを利用したブロックチェーン技術のこと。その技術は仮想通貨も超えると言われています。


これによりマネーロンダリングができなくなる理想的なシステムらしいです。

しかし、量子金融で調べてみると確認できますが、具体的にどうブロックチェーンを組んでいくのか情報が全くなく、都市伝説的な情報しか出てきません。

RVとGCRは起こるのか?

RVとGCRは、現行システムにおいて通貨発行権者と銀行が人々を搾取してて詐欺的である。そういう考えに基づいたものです。

たしかに2008年に起こったリーマン・ショックも、現行の金融システム(信用創造)が原因で起こった金融危機でした。


リーマン・ショック

米国の投資銀行リーマン・ブラザーズは、返済能力もない低所得者に、無理やり高金利の住宅ローンを組ませていました。

そして、その住宅ローンを証券化し様々な債券のなかに組み込んだ為、危険な債権とは分かりにくい金融商品として世界中に販売。

しかし、米国住宅バブルが崩壊してローンはパンクし、証券化しばら撒かれた債権も次々にパンク。リーマン・ブラザーズは破綻し、金融商品を購入していた世界中の金融機関も大混乱して、金融危機に陥ってしまったのです。

2008年9月のリーマンショックは、お金の信用創造が原因で発生した典型的な金融危機でした。

とはいえ、先述の通りRV(通貨評価替え)実行のためには、何らかのお金の価値基準の裏付けが必要です。

その基準の裏付けは金とする、金本位制に戻というところ迄はOKです。

しかし計算方法は量子コンピューターによるブロックチェーン(量子金融システム)。

それでは量子金融システムは、具体的にどうブロックチェーンで計算するのか。調べても都市伝説的な内容しか出てこないのが現状です。


巷ではGCRとRVは起こるのか、と疑問の声が上がってます。

もし将来的に量子金融システムを可能にする技術が完成すれば、GCRを実行後に、RVも行う事は可能かもしれません。

しかし今GCRを行うと、何を基準に、どうRVすべきなのか、そこが解決できません。

そのため残念ながら、GCRとRVは理想論的陰謀論という結果になります。

事実ChatGPTに、「GCRとは」と聞いても、このような回答をされました。

GCR は、一般的には “Global Currency Reset”(グローバル通貨リセット)という用語を指すことがあります。しかし、この用語は陰謀論や誤解に基づくものであり、現実的な根拠や国際的な経済システムの変革を示すものではありません。

陰謀論の文脈では、GCR は世界中の通貨体系がリセットされ、新たな国際的な通貨や経済システムが導入されると主張されることがあります。これによって、個人の資産や投資が再評価され、巨大な富を得る機会が提供されると信じられています。

しかし、これらの主張は事実ではありません。国際的な通貨や経済システムの変革は、包括的な合意や国際的な協力を必要とし、一方的なリセットや個人の利益追求によって実現されるものではありません。

したがって、GCR は陰謀論や誤解に基づく用語であり、現実的な経済や金融の現象を正確に表すものではありません。

いつRVとGCRは起こる?

繰り返しますが、GCRとRVは誰が何と言おうと、ただの陰謀論です。

そのためGCRとRVなど、永遠に起きることはないです。

そもそも急激な世界中の通貨価値が冒頭暴落したら、それこそ世界中が大混乱。

各国政府がそんなことを許すはずがないので、抑止力が働きます。

にも関わらず、2019年コロナが流行りだしてか、GCRとRVの話題が脚光を浴びています。

2019年コロナ危機後から、毎日毎日「GCR・RVは間もなくです」と吹聴しているネット民が後を絶ちません。






では、なぜこのような「壊れたラジオ」を信じる人が多いのでしょうか。

GCR・RVを信じている人は「GCR・RVを信じている」のではなく、「GCR・RVを信じたいから信じている」です。

GCR・RVを信じる人は、以下のような人が多いです。

債務者=情報弱者=現実逃避願望(GCRやRVが起こってほしい)

このような状況を脱するには、先ずはGCRやRVのような陰謀論を信じるを辞め、現実に向き合うことが先決です。

借金があり首が回らないのなら、先ずは債務整理などを考えましょう。

借金やカードローン返済の手順!借金地獄から抜け出す手順を解説!
リボ払いカードの使い過ぎで多重債務者になっちゃった。 給料が上がらない上に、増税・社会保険負担が増える昨今。消費を辞められず、このように悩んでる人は多いです。 お金持ちになるためには、支出を減らし...

詐欺は金銭にかかわることが大半です。なので経済に詳しくなれば、簡単に人に騙されない人になる事ができます。

経済に詳しくなるためには投資をしてみるのか一番です。

投資であれば、証券口座を開いて株式ETFを購入するか、FXで順張り取引するのがオススメです。


お金の制度を利用し充実した人生を送ろう

GCRやRVなど永遠に起きません。陰謀論を信じ待っていだけではお金は増えません。

それより現実に目を背け、金融制度を利用し、お金を増やすことを考えましょう。

「貯蓄から投資へ」のキャッチフレーズで、政府も国民による積極的な資産運用を促しています。

労働収入では所得税や社会保険などで上限50%税金で取られますが、投資益には上限20%しか掛かりません。

証券口座を開き資産運用に慣れ、金融知識や経験を身につければ、誰でもある程度は豊かになれます。

自身で投資を始めれば、金融知識も身に付き、投資詐欺にあう確率も激減します。

先ずは積立NISAで購入できる低経費率の投資信託や、株式のように取引できるETF(上場投資信託)の購入がオススメです。

NISA口座・外国株口座を開き、全米/全世界系の投資信託や、VT(全世界)/(全米)/VOO(S&P500)等のETF購入から始めましょう。

株式投資の初心者にオススメの米国株ETF「VT, VTI, VOO」を紹介!
お金持ちには「事業で成功した人」「親の資産を引き継いだ人」「投資で成功した人」など様々なタイプがいます。 しかし、お金も持ちで居続ける人の大半が共通して所有しているものが証券口座です。 もちろん事業で一発当てた後に事業を売却し、...

同時に以下のような情弱ビジネス専用商品は、避けましょう。


・自動車ローン
・リボ払いクレジットカード
・超長期の新築住宅ローン
・大半のワンルーム投資商品
・返済型の奨学金という名の教育ローン(借金)
・店舗の窓口で購入できる投資信託や生命保険
・店舗で購入&契約できるスマートフォンや契約プラン
・他人から薦められる高利回り金融商品(=ほぼポンジスキーム)

この世は政府や企業による、金を使わせる工夫が半端ないです。

人生を豊かに生きるには、地位財以外の有益な体験や物にお金を使い、充実した人生を送ることが大切です。

そのためには、地位財に対する欲をコントロールしお金を守り、貯めたお金を運用で増やす癖をつけることが必須です。

RV、GCR、GESARA、NESARAのような馬鹿げた妄想に割く時間は、1秒もありません。

当サイトでは、家計の見直しや王道の投資手法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【家計の見直し】固定費を節約・削減する方法を徹底解説1
お金持ちになりたいけど、何から手を付ければ良いかわからない。 このような疑問に答えます。 お金持ちなるためには、支出を減らし収入を増やし、投資でお金にも働いてもらうシステムをつくる必要があります。...
【家計の見直し】固定費を節約・削減する方法を徹底解説2
お金持ちなるための第一歩、固定費の節約・削減の続きです。 前回は「住宅資金」「教育資金」「通信費」の削減を中心に紹介しました。 これらの固定費用は、多くの家庭が払っていて削減か取り組みやすいです。 今回は、少しハー...

ログイン・メールアドレスは入力不要です!

  1. d より:

    わかりやすいようにわざと簡略化していると思いますが、灰色のコラム内の説明が無茶苦茶です。信用創造、ブロックチェーン、リーマンショックなどもう少し正確に説明したほうがいいと思います

  2. 鳥羽田 より:

    途中まで良かったのに。話が投資に進むと、なんだこりゃになります。価値観が合わない。お金のシステムが詐欺的と言ってながら、孫さんとか、バフェット氏とか持ち出して、一体何なのでしょうか?

    • 匿名 より:

      出た!陰謀論(笑)今年中にはQFSに切り替わる!それも近い内に。ブロックチェーンはスターリンクのサーバーを使用するからマネロンが出来ないし不正も出来ないようになる。各々が銀行家になり自分で管理する時代が来る。今後中央銀行はなくなる予定。銀行員が生き残るにはクアンタムフィナンシャルアドバイザーになるか退職するか、または違う方法で生き残るしかない。GCR/RVは既に始動してますよ。

    • ワクワク平和経済 柏崎 智 より:

      投稿時間が間違えて表示されています。

  3. newgamer7011@gmail.com より:

    簡単に言えば、銀行と銀行員がこの世から塵一つ残さず、完全消滅するということです。それも2022年度から数年内に。金に裏打ちされた新しいお金の管理は別のシステムに移行されます。

    • 山上 晃 より:

      GCR.RV が、陰謀論と理解する、3次元意見です。この記事の方は、この世界でいいのです。同じ波動の人種で、NESARA.GESARA✨まで、楽しみ✨体現し✨進んで行きましょう✨🌟✨         

      • 山上 晃 より:

        GCR.RV NESARA.GESARAは、当たり前なので、気にせずアセンションに✨🌟🌏❤️🌟

  4. 沢恒雄 より:

    購入したものをRVの後に日本円にする方法を教えてください。

    • ワクワク平和経済 柏崎 智 より:

      投稿時間が間違えて表示されています。現在、2023年8月1日1時26分です。

  5. TRUTH より:

    起きてますね!金融崩壊が😱RVも、イラクで起きています❣️起きていますね〜‼️

  6. 珍子三郎 より:

    ちょっと何言ってるか全然ーかりません。

    • ワクワク平和経済 柏崎 智 より:

      僕の目指す世界は、全人類に全世界、全地球の財産の使用権が与えられた世界です。

      自分で所有出来る財産は何一つ無いが、全人類が全世界を自由に使用する権利がある世界です。何かを個人が独占するという発想が無い世界です。それが結局、最高の大金持ち、資産家と言えます。

      その世界の実現を諦める事は無い。

  7. 匿名 より:

    これだけのブログ書いておいて皆んなにボロくそですな…( ˇωˇ )RVは必ず起こります‼️

  8. 住職 より:

    見てしまう、読んでしまう自分がいけないのです。現行法では、言論や報道は自由となされてます。だから、へぇー、そうなんだぁと流し読みしてますが、あなた様がどの様な権威をお持ちの方かは知る由もありませんが、断定はまずいですよ。と思う、と感じる。ならば、許容です。断定は、事実であると、言い切ってます。あなた様の発言により、歩む道を踏み違えてしまう方も出てしまうのでは。一言一句,事実のみ表記ください。断定した時点から,あなたには、膨大な責任がのし掛かります。あなた様がおっしゃる現実、偽りなき現実なら文句はいいません。あなた様を信じ、現実を受け入れましょう。でも、その現実、本当ですかね?言葉は難しいですが,自分が吐いた言葉には、責任をもって頂きたい。未来は、誰しも肯定も否定もできないはずです。これから到来する現実ですので。だから、私は断言しません。未来を予見できる力もございませんので。

  9. 山上 晃 より:

    GCR.RV NESARA.GESARA は、当たり前✨今どき陰謀論等言ってる寝ぼけ話は無視し、アセンションに向けましょ✨🌟✨

  10. ゆき より:

    そろそろこのブログ削除しませんか。詐欺師扱いされそうですよ。

  11. 5次元の住民より! より:

    あら~低次元の民族がここにいらっしゃったのですね!あなたは2次元ですか?通常人間は、3次元ですが、あなたは植物ですか?それとも石と同じ1次元でしょうか?!この世に絶対はございません、言い切ることはやめたほうがいいですよ!はやく目覚めてください!お祈りしております。

  12. EBISU より:

    途中までの説明は、眠っている方々への説明としてはわかりやすい物だと思います。
    その後のバイアスのかかった個人的な意見も良いとは思います。ただ、どちらが良い未来なのか?どちらが今の自分にとって都合が良いのか?それが、このブログの終盤で浮き彫りになっている事に気づきどちらを選ぶか?その時点で選別なのかもしれません。この筆者は個人的な利に誘導したいのでそれは個人の自由なので素敵な事だと思います。ただ、そのチープすぎる判断はと半ば強引な何様的な発言で人間性を露呈している人間臭い人物だと言う事なのでしょう。感情と理論を分離せずに統合して個人ん的に感じた事なのでお気になさらず…

  13. 山上晃 より:

    確かに、未来が決まっているわけでは有りませんm(__)m ただ信じています。